メインイメージ画像

加入条件と呼ばれるもの

イメージ画像

昔から聞くのは、生命保険は健康なときにこそ加入すべき、というものです。保険には加入条件と呼ばれるものがあり、持病を持っていたり、これまでに大きな病気をしていると、契約に際して制限があったり、掛け金が高くなる、などといった恐れが出てくるのです。基本的な加入条件は、加入時に健康であること、昔に大きな病気がないこと、ここ半年で入院などをした記録はない、というものがあるのです。保険会社ならば、病気になる可能性が大きい人の契約を認可すると、将来莫大な給付金を払い出す恐れが大きくなるので、それだけリスクが生じる、ということだと言えます。

また、会社によっては、肥満なども加入条件に問題となる場合があるらしいのです。

一般に、生命保険に対しての知識が沢山ある、という人は珍しいと思いますが、どのように自分に最適な保険を見つければ良いのでしょうか?まず、保険を見つけるときには、どういっった種類の保険を、いくら位、期間はどれほどなくてはならないのか、が基本です。
それらを明らかにした上で、保険を選択していくという順序ですが、覚えておかなくてはならないポイントがあります。保険会社の人間におすすめのプランを聞くことは決してしてはなりません。

彼らは当然、会社からのノルマを抱えているわけですから、利益率の良い、彼らには利がある保険を勧められてしまう可能性があるでしょう。それから、保険料の低さにも要注意で、目的の病気にはダメだったということもありえますから、よく内容をチェックして加入するようにしてください。

いざという時のためにと生命保険を利用する人は多いはずですが、中には資産運用を狙って保険に加入する人もいるようです。それが、貯蓄型保険と呼ばれる保険で、その種類は復数ありますが、中でも死亡保障がある終身保険は、蓄えながら、いざという時に備えたい、と願う人に人気が高いのです。

それから、生命保険は相続税対策にも使え、規定の額の死亡保険金は非課税と見なされ、節税対策にもなります。預金として銀行などに預けている現金には相続税が関係してきますが、保険金で手に入る現金には相続税は対象ではない、となるのです。こうして、生命保険はとても有意義な資産運用として、活用することが可能と言えます。

更新情報